top of page

太陽と花、男と女


今日もご訪問ありがとうございます。


女神のタントリックヒーラー

丹色(にいろ)です。




今年もついに

白木蓮の花が咲きましたね!



毎年、太陽が弱まる冬の季節の

精神的な試練を


乗り越えた証のように


太陽を仰ぎながら

真っすぐに立ちあがる


この純白の花を見ると


晴れ晴れとした

感謝の気持ちに包まれます。





また、春がきて

改めてつよく感じるのは


太陽のエネルギーのあたたかさ。


いつでも、常に、

すべての存在に降り注いでいて


その温もりを感じるほどに


まるで、自分という存在が

この地上に生きることが


無条件に許されているような


そんな感覚に包まれるのです。





さて


子宮が揺れると

❝愛の幸せホルモン❞ が

たくさん分泌され


愛のエネルギーに包まれて

多幸感を感じるようになる


と書きましたが



丹色の世界も

これによって大きく変容しました。



・何かを為さないと価値がない


・何かを提供しないと愛されない



わたし自身、こんな思い込みを

ずっと握りしめて生きてきたのですが


タントリックヒーリングによって


子宮が動き出し

迷走神経が発達し


幸せホルモンの分泌とともに

身体が緩みはじめると



大切な人から、今まで以上に

大切にされるようになりました。


それも

自分が「何かを為したから」ではなく


何もせず

ただそこに居る


それだけを認め、愛し、


さらにはより歓ばそうと

精一杯に尽くしてくれる・・・


まさしく


❝行為❞ ではなく

❝存在❞ が愛される


そんな体験や実感が


この現実世界のなかで

どんどん増していったのです。





女性とは本来、


太陽を仰ぎみて

ただただ歓びのなかで

咲いている花のような


その ❝存在❞ に価値のある

生き物なのかもしれませんね。



そして男性は


花の笑顔と歓びのために

全身全霊で自らのエネルギーを注ぎ

太陽のような愛であたためる


そこにこそ充実や歓びを感じる

生き物なのかもしれません。



子宮が動き、性愛が開花した女性の

傍にいる男性が感じる多幸感とは


「より自らの男性性を発揮できる」

という歓びでもあるのでしょうか。





こうして男女のエネルギー循環が

活発になるほどに


お互いの心も身体(生殖器)も

どんどん巡りがよく

健康になってゆきます。



女神のタントリックヒーリングでは


男女がそれぞれ

本来の愛のエネルギーに目覚め


こころから愛し合える

相手を引き寄せたり


パートナーとの愛の循環が

本質的に深まってゆく


そんな歓びに満ちた世界が

開けてくるのだろうと思います。



女神のタントリックヒーリング



公式LINEはじめました!


お問い合わせ、お申し込みは

こちらからも可能です。


最新情報やお得なお知らせも🎁


ご質問などもお気軽にね♪


@211msvvb



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page