top of page

受けとる力


今日もご訪問ありがとうございます。

丹色(にいろ)です。




今日ね、聞いて

びっくりしたんですが



銀行って

「借りる人」がいないと

潰れちゃうんですね!!😯



少し考えてみれば

分かることかもだけど。。


丹色にとっては

なんだかすごく新鮮な

気づきだったのです💡



というのも意識のどこかで


「貸す側」が 上、あるいは善

「借りる側」は 下、あるいは悪


というような観念を

握っていたから。



でもほんとうはこの関係性に

上下も、善悪もなくて


この二つの役割が

循環することによってこそ


銀行を始めとした世の仕組みは

成り立っているんですね!



蝶が飛んでいるの、分かるかな?



また同じように


「与える側」と

「受取る側」という関係性にも


上下や、善悪の観念を

抱きがちな気がしました。



「与える力」:男性性・陽

「受取る力」:女性性・陰


とも言えるでしょうか。



たとえば

死人のラザロを蘇らせた

イエスキリストの物語では



与えるイエスの力こそが

賞賛されるのであって


それを受取ったラザロの力は

あまり注目されませんよね。



これも


「与える力」が上であり

「受取る力」は下である


という観念からくるのかな、と。



敢えてイエスの姿を描かなかったゴッホ💗



女神のタントリックヒーリングでの

丹色の役割は


どちらかというと


「与える」よりも

「受取る」とか「引き出す」ような


受容的なものであると思います。



クライアントからの

電気的な波を


自らの磁力によって

引き出し、受信して


呼吸を通じて循環させる・・・


そんなイメージです。



これをわたしは

❝感応❞ と呼んでいますが


磁力による感応とはまさしく

「受取る力」:女性性・陰 ですよね。



目には見えないし

繊細で分かりにくいうえに


社会的な観念においては

下とみなされ

評価をされることもない


そんな

地味な領域なのかもしれません。





でもね♪


夜の滋養がないと

昼の活動は生まれないのです。



「受取る」存在が

いるからこそ


「与える」存在も

その力を発揮できる



つまり「感じる」ことで


相手を癒したり

輝かすこともできるのですね。



「借りる」ことにも

「受取る」ことにも


わたし自身、

もっとニュートラルに


その力の価値を認めたいなと

改めて思ったのでした😌



まだまだ陽の力が強い

この男性性社会で


与えることに

疲れてしまったり


社会的な価値や評価に揉まれて

苦しくなったり・・



そんなときには是非


女神のタントリックヒーリングを

体験してみてくださいね。





女神のタントリックヒーリング



公式LINEはじめました!


お問い合わせ、お申し込みは

こちらからも可能です。


最新情報やお得なお知らせも🎁


ご質問などもお気軽にね♪


@211msvvb




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page